岡崎慎司レスターでの評価と成績と日本代表入りへの考案!

2015-16シーズンに強豪揃いのプレミアリーグで見事優勝を成し遂げ、5000年に一度の奇跡とまで言われていたレスター・シティFC。

そして、その優勝メンバーの中には、日本人選手である岡崎慎司選手がレギュラーとして在籍していたというのはすでにお馴染みですね?

しかし、あれ以来、あまり岡崎慎司選手に関する話題があまりないような気がしませんか?

それに加え、最近では必ず選出されていた日本代表からも外れているような様子。

そこで、今回は、

レスターでの評価と評価と成績

また、

日本代表入りへの考案

について、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

岡崎慎司レスターでの評価と成績!

最近ではあまり話が聞こえてこない岡崎慎司選手のレスターでの評価とは一体どうなっているのでしょうか?

中には、試合そのものに出場しているのかどうかもわからない人もいるのかと思います。

ここでは、そんな岡崎慎司選手の評価をまとめてみたいと思います。

岡崎慎司レスターでの評価とは?

岡崎慎司選手のレスターでの評価とは、実は両極端になっているのです。

何故なら、岡崎慎司選手のプレースタイルが関係しています。

そもそも岡崎慎司選手はFWながらも、前線から積極的に守備をしたり、とにかく走り回るタイプ。

レスターが優勝した時は、それがチームの戦術にマッチしたのです。

しかし、FWというポジションとして考えると、どうしてもその得点数の少なさが一つの懸念材料に。

それについては、こんな例があったので、ちょっと紹介してみたいと思います。

評価が両極端になることも!

岡崎慎司選手の評価と言うのは両極端になることが良くあります。

例えば、以前行われたヨーロッパチャンピオンズリーグにスタメンとして出場した試合での出来事。

得点やアシストを決められなかったのですが、いつものように前線からのハードワークでチームの為に走り回りレスターの勝利に貢献。

そして、イギリスのメディアは、その仕事ぶりに評価を与えたのか、選手の個人採点では合格点を与えています

しかし、スペインのメディアは得点に全く絡まなかったことで、岡崎慎司選手の個人採点に最低評価を付けているのです

当然イギリスとスペインではサッカー感が違いますので仕方のない部分もあるのかも知れません。

しかし、ここまで割れるのも不思議な話ですね。

ですが、やっぱり得点数の少なさに関しては、イギリス、また、レスターのファンからも評価があまりよくない様子。

中には、

岡崎はシュートも打てないし、ボールを持てばすぐ倒れる

もっと酷いと、

岡崎は出ていけ。チームの邪魔だ

などという声も。

もう一度言いますが、やはりFWとして得点を奪うことに関しての評価は、高いとは言えないようです

では続いて、岡崎慎司選手の高評価されている面を紹介していきます。

岡崎慎司の高評価されている面とは?

岡崎慎司選手の高評価されている面とは、先程少し触れた通りの守備などのハードワーク。

試合に出場すると、中盤まで下がりひたすらプレスをかけるべく走り回る。

よく、イギリスのメディアからは、

何度も身体を地面に投げ出してチームに貢献した

という見出しで特集もされています。

また、その姿勢から、レスターのエースFWであるジェイミー・ヴァーディ選手の最高の相棒は、今だ岡崎慎司選手であるとも。

岡崎慎司レスターでの成績

2015-16シーズン

出場試合数 39試合

得点    6ゴール

2016-17シーズン

出場試合数 33試合

得点    5ゴール

2017-18シーズン

出場試合数 27試合

得点    6ゴール

※2018年 4月現在~

では、次に、ワールドカップ間近ということもあり、最近選出されていない日本代表入りについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


岡崎慎司は日本代表に必要なのか?

最近では日本代表に選出されていない岡崎慎司選手。

ちなみに何故選ばれていないのかと言うと、在籍しているレスターでの得点数の少なさが大きいらしい。

しかし、日本代表の選手としては歴代3位のゴール数を記録している選手でもあります。

※1位は75得点に釜本邦茂氏で、2位は55得点の三浦知良選手。

そして、3位が岡崎慎司選手の50得点で、その内PKでの得点が1得点。

でも、そんな岡崎慎司選手ですが、そもそも代表に必要なのでしょうか?

それについては当然意見が分かれるところですが、私個人的には必要だと感じています。

何故なら、現日本代表はチーム状況が悪く、格下と呼ばれるチームと試合しても思うように結果が残せません。

当然得点能力不足というのが大きいのですが、それは以前からずっと言われていたこと。

それに日本代表には、クリスティアーノ・ロナウドやメッシみたいな選手はいないので、ある意味仕方がない部分も。

なので、まずは失点しないことを考え、その為に中盤の守備を厚くするのも一つの手になるのではないでしょうか?

そして、そうなると岡崎慎司選手のハードワークが活きてくると思うし、上手く中盤での守備ブロックがはまると、カウンターを仕掛けるチャンスが増えるようにもなります。

幸い日本代表には、香川真司選手や期待の新星である中島翔哉選手など、中盤から前線にかけてスピードのある選手が揃っているので効果的だと思うのですが…

なお、岡崎慎司選手を選出しなかったハリルホジッチ監督が解任されたので、もしかしたら、この先、以前のように選出されるようになるのかも知れません。

ただし、いつそうなってもいいように肉体的なコンディションだけは整えておき、チームの為にしっかりと走り回れるように。

そして、ゴールへの意識というものは、本人も分かっていると思いますが絶えず失わないようにしてもらいたいもの。

皆さんはどう思いますか?

以上が、岡崎慎司レスターでの評価と成績と日本代表入りへの考案!になります。

最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする