葛西紀明のストレッチ体操のポイントとは?【スキージャンプ】

スポンサーリンク

葛西紀明のトレーニングとストレッチ!

葛西紀明選手が現在でも第一線で活躍出来る理由。

それはトレーニングの賜物であるのはまず間違いありません。

なお、葛西紀明選手が若い頃は、とにかくがむしゃらにトレーニングを行っていたそうです。

しかし、年齢が30代を迎え頃から、

ただトレーニングをするだけでは良い結果に繋がらないのではないか?

ということを感じ始め、そして、過去に行われた五輪での惨敗を受けて、より科学的な観点からトレーニングをするように。

つまり、量より質を重視。

というより、徹底的に質を重視するように。

そして、今では休む時には休み、昔のように、とにかくがむしゃらにトレーニングするということは一切行わなくなったとのこと。

また、葛西紀明選手は昔からストレッチを大変重視する選手であり、トレーニングと同じで、ストレッチにも長い時間を掛けていたそうです。

しかし、ストレッチに関しても、科学的な観点から質を重視し、より効率的に出来るように研究。

現在でも、

朝起きてすぐ

練習前

練習後

寝る前

の1日4回のストレッチを行い、それが日本代表に選出されるようになった約30年近く前からの日課になっているとのこと。

ちなみに葛西紀明選手が、ここまでストレッチにこだわるのは、ある理由が関係しているそうです。

ストレッチで身も心も柔らかさを意識!

葛西紀明選手がストレッチにこだわる理由としては、

とにかく身も心も柔らかくすることを意識しているから

ということが。

何故なら

身体が凝り固まっていると、動くことすら億劫になり、いざ動いても怪我をしやすい状態。

であり、

心が凝り固まっていると、古い考えにとらわれ、ストレスを必要以上に感じてしまう状態。

であるから。

そして、心と身体は表裏一体であるとしながら、

身体を柔らかくしておくと、たくさん動くことが出来るので健康的に。

そして、その結果、心も健康で若々しい状態を保つことが出来る

ということが。

なお、葛西紀明選手自身が現在でも若々しくいられる秘訣としても、このストレッチが大いに役にたっているそうです。

では続いて、葛西紀明選手が言う、老いない身体を作るストレッチについてご紹介していきたいと思います。

老いない身体を作るストレッチのポイント!

出典:https://sports.yahoo.co.jp/

ここでは、葛西紀明選手が勧めている、老いない身体を作るストレッチのポイントについてご紹介していきたいと思います。

なお、ストレッチの具体的な方法は、皆さんが知っているやり方でも別に大丈夫。

それよりも、その意識身体の部分ごとのストレッチを行う割合を考えて見て下さい。

ちなみに、一番重要なことは、

とにかく継続することである

というのは皆さんすでに分かっていると思います。

でも、それがある意味一番難しいんですけどね…

下半身の柔軟性を意識!

日常生活を送る中、

ちょっとしたことでつまずいたり

以前なら踏ん張ることが出来たようなことでも転んでしまったりする

ことが増え、

老いは足元からという言葉があるように、

・若くない

・運動不足

などと、つい考えてしまう方もいるのではないでしょうか?

しかし、その場合は、下半身の柔軟性がなくなり固くなっていることが原因ということも。

なので、そんな方は下半身の柔軟性を特に意識してみるといいそうです。

そして、そうすることによって下半身の可動域が広がり動くことが楽に。

その結果、身体全体への負担が軽減されるというわけです。

ちなみに、葛西紀明選手は、45歳という決して若いとは言えない年齢。

それにも関わらず、現在でも180度開脚、相撲でいうところの股割が完璧に出来るほどの柔軟性の持ち主。

全ては下半身のストレッチを長年にわたり行い続けているからということになります。

ストレッチでは伸ばしている場所を特に意識!

ストレッチでは、伸ばしている場所を意識することが重要とのこと。

ですが、これがなかなか出来ている人が少ないのです。

せっかくその場所を伸ばしていても、意識が他に向いてしまっていると、その効果が半減。

ストレッチに限らず筋肉トレーニングでも同じで、身体と言うのは、その部分を意識するかしないかで、全然反応が変わってくるのです。

長く続けていく為にも、伸ばしている部分を極力意識。

飽きないで集中力がある内に。

要するに、短時間でその効果を最大限に発揮していくことが大事なポイントであるとのことです。

いかがでしょうか?

以上が葛西紀明選手のストレッチのポイントになります。

でも、こうして見ると、スキージャンプの選手らしく下半身が重視であることが伺えます。

そして、下半身を重視するストレッチを勧めるのは、過去あまり多くはなく、斬新なアイディアのような気も。

その他は、正直、多くの方が一度は耳にしたことがある内容だとも思います。

特に、

一番重要なのは継続することである

というのは、過去様々な媒体でも、必ず言われていること。

すなわち、本当に継続することが一番大事だということになります。

そして、もう一度言いますが、それが一番難しいことなのは、いつの時代でも変わらないですね。

最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする