大久保嘉人の嫁の病気は完治したのか?胞状奇胎とhcg存続症!

スポンサーリンク

大久保嘉人選手の嫁とは?

出典:https://lineblog.me/yoshito13/

古巣、川崎フロンターレに出戻りで移籍したことが話題の大久保嘉人選手。

そして、このように話題に挙がると、つい私生活のことも気になることでしょう。

というわけで、ここでは、大久保嘉人選手の嫁さんについて、ご紹介していきます。

なお、大久保嘉人選手は、22歳の頃に若くして結婚。

嫁さんは、元航空会社のCAをしていたという噂もある一般の方。

可愛らしいタイプの女性です。

そして、スポーツ選手の嫁さんになるということで、料理を勉強するなど、献身的な人物。

ちなみに、嫁さんは中学生時代のサッカーコーチの娘さんであり、大久保嘉人選手が18歳の頃から二人は交際。

やはり、長崎国見高校時代の大久保嘉人選手の勇姿を見ると、惚れてしまうのも不思議ではありませんね。

二人の子供が初めてのお使いに出演したことも!

若くして結婚し、当時3人の子宝に恵まれていた大久保嘉人選手。

2017年の1月に放送された、日テレ系バラエティーはじめてのおつかい!に、末っ子の男の子が出演したことも。

そして、その時の大久保嘉人選手の姿は、

試合中と違ってパパの顔だった

知っている大久保嘉人と違う

などとコメントしている方がいるように、ほのぼのとした雰囲気を醸し出していたようです。

しかし、そんな幸せそうな家庭を築いている大久保嘉人選手と嫁さんの間には過去に不幸な出来事が。

それは嫁さんがある病気を患ってしまったことになります。

そこで、次は大久保嘉人選手の嫁さんの病気について、ご紹介していきます。

大久保嘉人の嫁の病気が発覚!

大久保嘉人選手の嫁さんの病気が発覚したのは、4人目の子供を妊娠し、不幸なことに流産してしまった時のこと。

胞状奇胎という珍しい病気が発覚し、その結果、奇胎後hcg存続症というものになってしまいます。

胞状奇胎と奇胎後hcg存続症とは?

胞状奇胎とは、妊娠している子宮内の赤ちゃんを包む絨毛膜が水ぶくれのように大きくなり、ブドウの粒のような嚢胞が多数できてしまう病気

その見た目から、ブドウ子という呼び名も。

もし胞状奇胎が発覚したら、子宮内から胞嚢などを取り除く手術がすぐに行われる。

しかし、嚢胞が子宮周辺の筋層の血管の中にすでに侵入してしまっているケースもあり、そうなると血液に乗って転移してしまうことも。

そして、侵入している場合は、稀に悪性腫瘍へと移行することがあり、それを絨毛癌という。

なお、胞状奇胎にかかった人は、尿中や血中のhcgと呼ばれるホルモン値が上昇傾向に

そして、手術したのにも関わらず、このhcg値が下がらない場合を、奇胎後hcg存続症と呼んでおり、絨毛癌への進展を考慮し、抗がん剤の投与を行う。

ちなみに、病気が発覚した時点で、まだ妊娠中であったとしても、そのままでは胎児が育たない為、妊娠を継続することは出来ません。

家族全員で丸刈りに!

引用元:http://news.livedoor.com/

子宮内の胞嚢を取り除いた手術を行ったのにも関わらずhcg値が高く、奇胎後hcg存続症となってしまった大久保嘉人選手の嫁さん。

やはり従来の治療法である、抗がん剤治療を受けることに。

また、抗がん剤治療というのは患部のみならず、どうしても身体の関係のない部分も攻撃してしまう副作用というものが付き物。

そして、その副作用により、髪の毛が抜けてしまうことも多く、大久保嘉人選手の嫁さんも、同じように髪の毛が抜けてしまう可能性も高い

しかも、大久保選手の嫁さんは、女性であり、まだまだ年齢も若いです。

いくら病気の治療中であるという理由があったとしても、髪の毛が抜けるショックというのは、間違いなく相当なもの。

そうようなこともあってか、大久保嘉人選手一家は嫁さんの痛みを分かち合う為、みんなで丸坊主にしています

子供の丸坊主もそうですが、それ以上に大人である大久保嘉人選手も一緒になって丸坊主にしたことは、嫁さんは特に嬉しかったと思います。

そして、それが挫けないで頑張れた理由の一つになったのは、まず間違いでしょう。

では、続いて大久保嘉人選手の嫁さんの病気のその後についてご紹介していきます。

大久保嘉人選手の嫁さんの病気は完治したのか?

胞状奇胎からhcg存続症になってしまった大久保嘉人選手の嫁さん。

ですが、2017年の3月に4人目の子供を無事出産したということが大久保嘉人選手のSNSで発表されています。

ちなみに、胞状奇胎という病気を患った人が、次の妊娠をする為には、

hcg値が3ヶ月から6ヶ月の間、カットオフ値と呼ばれる決められた数値より下回っていないといけない

とされています。

ということは、hcg値がカットオフ値よりしっかりと下回り大丈夫ということで、妊娠することが出来たということ。

まだ完治していないにも関わらず、もう一人子供が欲しいからという理由だけで妊娠するという、そんな癌の元になるようなリスクは犯しません。

もちろん再発の可能性もあるそうですが、無事出産を終えたことからも、現在では、完治したと考えても間違いないということになると思います。

そして、この先は定期的な健診をしっかりと行い、家族みんなでより一層仲良く暮らして欲しいものですね。

最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする