中田英寿の名言一番無駄なことについての答えと深い意味!

スポンサーリンク

中田英寿の名言と説得力!

出典:https://www.soccer-king.jp/

日本人サッカー選手の海外移籍はもはや当たり前の時代に突入しています。

全ては、海外移籍の先駆者として、当時ヨーロッパNO.1と呼ばれていたイタリア・セリエAのペルージャに移籍して結果を残し、ASローマなど強豪クラブチームで世界的に名声を得た、元サッカー選手の中田英寿さんの活躍があったからなのではないでしょうか?

ちなみに、スポーツ選手が異国の地で結果を出すのは、サッカー限らず簡単ではないということは誰でも容易に想像がつくこと。

それには技術も必要だし、精神力も重要で、しっかりと自分を持ち、いかにブレずに行動していけるかが非常に大事に。

ですが、そうすればそうするほど、時には誤解を招いてしまうこともありますし、簡単に言うと「生意気」だとも受け取られてしまいます。

中田英寿さんも、その典型的な例の一人として当てはまっているのではないでしょうか?

しかし、厳しい状況を打破してきた自信からか、そのようなタイプの人間が喋る言葉には、非常に説得力があったりするのも事実です

そこで、今回は、中田英寿さんが残した名言として、特に説得力が高いと感じたものをご紹介していきたいと思います。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク


この世で一番無駄なこととは?

中田英寿さんの残した名言として特に説得力が高く印象深かったものは、この世で一番無駄なこととは?と聞かれた時の答えになります。

ちなみに、その答えとは

わからないことを心配すること

で、一見してみると能天気なタイプの人が残した言葉のような気がしませんか?

また、多くの人間は、わからないからこそ不安になったりもするし、心配したりするもの。

中には、中田英寿さんが地位も名誉も金も手にして、余裕があるからこそ言えるのでは?と感じる方もいると思います。

そこで、この

わからないことを心配すること

という意味ついて少しひも解いてみると、

この先どうなっていくのかなんて誰にも分からないわけだから、今やれることをしっかりと頑張ろう

ということになります。

なお、この中でも特に重要なのが、

今やれることをしっかりと頑張ろうという部分

で、要するに、心配することがダメなのではなく、何か出来ることはないかと考え、行動に移していきましょうということです。

確かに、中田英寿さんは、地位も名誉も金もあり、色々な意味で余裕があるのは間違いないでしょう。

しかし、それに甘んじることなく現在でも様々な活動をしたり、仕事で忙しく飛び回っている中でのその言葉なので、自分のことを棚に上げた、よくいる口だけ人間とは違い説得力は十分だと思います。

皆さんも、今出来ることをしっかりと頑張れていますか?

でも、無理は禁物だし、その辺りのバランスが難しんですけどね…

では続いて、もう一つ中田英寿さんの名言をご紹介したいと思います。

ベストを尽くせ!

ベストを尽くせ!

この言葉は、わかりやすい言葉であり、全世界共通でよく使われる言葉なのかも知れません。

しかし、中田英寿さんにかかれば、この単純でわかりやすい言葉もグッと印象深くなるのです。

ちなみにどういうことかと言うと、このベストを尽くせという言葉のあとには続きがあり、それは、

考えるよりまず動けばそれでいい。だってこれをすれば必ず勝てるというものはないのだから!

ということになります。

でも、ほとんどの人は、自分なりに一所懸命ベストを尽くしたわけですから、どうしても結果が欲しくなりますよね?

また、いざそうして心に決めてやってみたものの、結果に繋がらず打ちひしがれた経験も、皆さん多々あると思います

ですが、それを世界的に成功を収めた人間が、

考えるより動けばそれでいい

とまで言うのだから、妙な説得力がありませんか?

中田英寿さんは、確かにサッカーの世界で結果を残した一人というのは、もう一度言いますが間違いないでしょう。

しかし、現役の途中からは怪我などで、自らの思うようにいかなかったことも多かったはずです。

そして、成功体験だけではなく、むしろ、そのような経験もしたことがあるからこその言葉になり、ただカッコつけただけの発言とはわけが違います。

これを読まれた方は、この先少しづつでいいので、自らのやるべきことをしっかりとやるということを意識して生活していくと、今よりももっと良い方向に進むかも知れません

当然私も、今後はそういうふうして生活していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする